menu

具体的な施術方法

お腹を摘む

すっきりとしたスリムな体型は、多くの女性の憧れです。しかし、そのあこがれを実現させるにはかなりの努力が必要です。毎日のストレッチや運動はもちろん、食事制限などのダイエットを重ねる必要があるでしょう。しかし、そういったダイエットではポッコリお腹や気になる部位の脂肪はなかなか落ちません。結果がなかなか見えてこずに、ダイエットを諦めたという人も多いのではないでしょうか。そんな人にピッタリなのが脂肪吸引の施術です。気になる部分の脂肪を一気に除去することが出来る上、リバウンドの原因である脂肪幹細胞そのものを吸引していくので、施術後はリバウンドしにくく太りにくい体型になることができます。

「脂肪吸引」ときくと、何となく「痛そう」、「手術後の傷跡が心配」と考えている人も多いかと思われます。しかし、脂肪吸引の施術は脂肪やその周辺の組織を傷つけないように、さまざまな工夫がされています。まず脂肪吸引の施術は、皮下脂肪を吸引しやすい柔らかい状態にするところから始まるでしょう。まず最初に、皮下脂肪に、止血剤や血管収縮剤などの特殊な薬剤、「チューメセント液」を注入していきます。こうすることで、脂肪吸引時に血管やその周辺組織が傷つくのを防ぎ、出血などの症状が起こらないようにします。

脂肪が柔らかく吸引しやすい液状になったら、施術時間自体が短縮されるので患者さんの体への負担がさらに減らされます。そしていよいよ吸引することになったら、「カニューレ」と呼ばれる特殊な吸引管を使っていきます。この時使われるカニューレは、体に負担がかからないように極細のカニューレが選ばれます。カニューレを皮下脂肪へと挿入したら、脂肪層から丁寧に脂肪を吸引していきます。施術後にたるみやデコボコが出ないように、丁寧に吸引していきますが、やたらと脂肪を取るのではなく、程よい感触を残すために脂肪をある程度残すということも考慮して施術が進んでいくでしょう。

脂肪吸引後は、すっきりとした理想のボディラインになることができます。施術のスタイルはクリニックによって微妙な違いがありますが、大まかな施術の手順は以上のようなものになることが多いです。クリニックによっては費用の割引など、さまざまな特典がついた脂肪吸引の施術を行っているところもあります。「費用を抑えたい」、「まずはお試しで施術を受けたい」と考えている人は、そういった特典のあるクリニックを探すとよいでしょう。